「どこかにマイル」で広島

広島に行ってきました〜日帰りで(笑)

JALの「どこかにマイル」を申し込んだら、広島に決定しました。

フランツくんがお留守番しているので、日帰りになります

( ´ ▽ ` )

f:id:harupinruu:20171116092018j:image

 

朝早いJAL便で広島空港へ

そこから広島駅へリムジンバスで45分

山陽本線で宮島口へ 約20分

フェリーで宮島へ 約10分

遠いわ!Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

 

季節がいいからか、日本人も外国人もたくさんいます。

とりあえず、ランチ(いきなりかい!)

広島と言えば牡蠣でしょう〜牡蠣定食(^.^)

f:id:harupinruu:20171116092450j:image

焼き牡蠣もついてるよ

f:id:harupinruu:20171116092622j:image

 広島の牡蠣サイコー!

美味しかった(∩´∀`∩)

 

 お腹も満たされたので、厳島神社へ・・・行くと思ったら、またまた寄り道

f:id:harupinruu:20171116093951j:image

揚げもみじ〜

もみじ饅頭を天ぷらのように揚げてます。周りがサクサクで美味しい

f:id:harupinruu:20171116094204j:image

 まだまだ厳島神社にはたどり着かない(笑)

シカちゃんとたわむれる

f:id:harupinruu:20171118090248j:image

 

そしてやっと厳島神社にたどり着きました〜

f:id:harupinruu:20171116094215j:image

f:id:harupinruu:20171117174006j:image

広島に来たのは高校生のときの修学旅行以来です。

ちょうど引き潮で、潮がぐんぐん海の方へ流れていくのが見えました。

厳島神社をお参りしたあと、宝物館などを見ながら空海が開いた大聖院へ。真言宗御室派大本山だそうです。宮島は神仏習合の島なので、神社とお寺、両方あります。

f:id:harupinruu:20171118083502j:image

紅葉が始まってました。キレイ〜

お地蔵さんがいっぱい。

f:id:harupinruu:20171118083610j:image

 

そして休憩

アイスクリームとあんこのコラボ

f:id:harupinruu:20171118085710j:image

 

時間がないのでロープウェイで弥山に登るのは諦めて、また厳島神社まで戻ってきました。来たときはまだ海の中にあった大鳥居。干潮になったので歩いて行けるようになってました。

f:id:harupinruu:20171118084108j:image

真下から見上げると迫力満点

 f:id:harupinruu:20171118084137j:image

 

かなり歩き回って足も疲れて来たので、温泉に入ることにしました〜

厳島神社の参道にある錦水館さん。

参道側からは入口が分かりにくくて一度通り過ぎてしまいました。海側からが正面玄関だったのね。

f:id:harupinruu:20171118084556j:image

温泉、気持ちいいー

露天風呂があったらもっと良かったなぁ〜

あー帰りたくないー

ここに泊まりたいー

 

お風呂上がりにゆっくりするわけにもいかず、パタパタと フェリー乗り場に向かいます。

 

そして広島空港へ。

 

そういえば、広島風お好み焼き食べてなかった

f:id:harupinruu:20171118085253j:image

空港でお好み焼きも食べられたし

楽しい広島日帰り旅行でした。

 

どこかにマイル、最高〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  

ゴッホ展とゴッホ〜最期の手紙〜

平日だというのになかなかの混み具合の上野界隈。

東京都美術館内のカフェで休憩することにしました。

秋限定のマロンパンケーキとコーヒーを頼みました。

f:id:harupinruu:20171113181353j:image

ん・・・(´・ω・`)

ごめんなさい。これはパンケーキにあらず。

ただのスポンジケーキにマロンクリームをのせたものですね。

残念な気分になりながら、ゴッホ展へ。

 

ゴッホ展」

巡りゆく日本の夢

2017年10月24日〜2018年1月8日

東京都美術館

f:id:harupinruu:20171113181859j:image

 

ゴッホは日本に憧れて、浮世絵を手本にたくさんの作品を描いています。

 

「花魁」

f:id:harupinruu:20171113182332j:image

ゴッホの絵は絵の具を厚く塗ったものが多いけど、これも近くで見ると絵の具が盛り上がって、絵というよりもまるで木彫りの彫刻作品のようでした。

ゴッホがお手本にしたのがこちらの溪斎英泉(けいさい えいけん)の浮世絵です。

 

雲龍打掛(うんりゅううちかけ)の花魁」

f:id:harupinruu:20171113182552j:image

 着物の裾のぐるぐる渦巻き模様が印象的ですね。

 

今回は「巡りゆく日本の夢」とあるように、日本に憧れ続けたゴッホに焦点を当てています。

ゴッホ、日本に来たかっただろうなぁ〜

 

ゴッホ展をあとにして、最後は映画です。

TOHOシネマズ上野

 上野松坂屋の隣にあるパルコヤ(大人向けのPARCOなんだって)の7階に11月4日にオープンしたばかり。

 

ゴッホ〜最期の手紙〜」

ゴッホの絵が動き出す!

アニメというかなんというか。ゴッホタッチの油絵が動くんです。

ゴッホ作品でおなじみの人物が動き出します。

 

郵便配達人ルーラン

f:id:harupinruu:20171113205019j:image

 

医師ガシェ

f:id:harupinruu:20171113205038j:image

 

タンギー爺さん

f:id:harupinruu:20171113205119j:image

 

ゴッホは本当に自殺だったのか?

自殺だとしたら、なぜ自殺したのか?

郵便配達人ルーランの息子アルマンが謎解きの旅に出ます。

 

ゴッホで締めくくった一日でした。

 

 

 

怖い絵展と運慶展

ときどき有給休暇をもらって、美術館巡りをします。

せっかくお休みをもらったんだからと、欲張って美術館のはしごもよくやります。

今回は頑張りましたよ。

 

まずは

「怖い絵展」

2017年10月7日〜12月17日

上野の森美術館

 

中野京子さんの著書「怖い絵」シリーズ刊行10周年を記念して開催されているこの美術展。

大ヒットですって。

連日大行列ですって。

f:id:harupinruu:20171111082200j:image

 

今回の目玉

「レディ・ジェーン・グレイの処刑」

ポール・ドラローシュ

f:id:harupinruu:20171111082143j:image

ロンドン・ナショナルギャラリーからきました。大きなサイズの絵。まるで演劇の舞台を目の前に見ているみたいです。

イングランド初の女王、ジェーン・グレイがわずか16歳で処刑される場面です。

右端にいる死刑執行人が大きな斧を持っています。

左側には悲しみのあまり失神する侍女たち。

足元に敷いてある藁は飛び散った血を吸い取るため・・・。

ギロチンが発明される前は斧で斬首していて、一度でうまくいかずに、ナイフで切ることもあったとか・・・

怖いですね〜(>_<)

 

 「オデュッセウスとセイレーン」

ハーバート・ジェイムズ・ドレイパー

f:id:harupinruu:20171111113232j:image

セイレーンはギリシャ神話に登場する海の怪物。

上半身は若く美しい人間の女性で、下半身は魚。

下半身が鳥の姿をしているものもあります。

 

ウォーターハウスのこちらの作品は鳥バージョンです。

《参考》

オデュッセウスとセイレーン」

ウォーターハウス

f:id:harupinruu:20171111114837j:image

 

このドレイバーの絵では魚の姿です。

セイレーンたちが美しい歌を歌いながら船に近づいてきます。どんどん船に上がってくると、魚の下半身は美しく白い足に、体に巻きついていた海藻は薄衣に変化していきます。

セイレーンの怪しく美しい歌声を聞いてしまうと、その声に惑わされて自ら海に身を投げてしまうという伝説がありました。船員たちは歌声が聞こえないように蝋で耳栓をしましたが、そんなに美しい歌声なら聞いてみたいと思ったオデュッセウスは耳栓をせず、自ら海に身を投げないように柱にロープで体を縛り付けました。

セイレーンの歌声を聞いて自分を見失い、海に飛び込もうと身をよじるオデュッセウスの姿が描かれています。

セイレーンたち、美しいですね。どんな歌声なんでしょう?

美しいけど恐ろしい。

 

さて、怖い絵展を楽しんだあとは、東京国立博物館へ移動です。

 

興福寺中金堂再建記念特別展

「運慶」

2017年9月26日~11月26日

東京国立博物館

 

f:id:harupinruu:20171112184613j:image

こちらも大人気。

すごーーーく混んでました。

奈良県円成寺大日如来坐像から始まります。

1175年運慶20歳代のデビュー作だそうです。

とても美しい仏様で、見とれてしまいました。

運慶と、父の康慶、そして運慶の息子の堪慶、康弁の作品が多数展示されていました。

どれも迫力あるものですが、一番印象に残ったのは、興福寺の無著(むじゃく)菩薩立像です。興福寺に行ったときに何度か見たことはあるけど、改めてすごいなぁって思いました。

無著は、5世紀頃のインドの僧です。

玉眼が光っていて、濡れた瞳のようでとってもリアル。本当にこの人が存在していたんだって思えるような無著像でした。

 

大混雑の東京国立博物館をあとにして、東京都美術館へ移動〜

 

長くなりそうなので、つづく〜

 

 

 

 

 

川口でパンケーキ

アリオ川口

 

たまにお買い物に行きます。

そのアリオ川口の3階にある「ハワイアンパンケーキ&カフェ メレンゲ

 

その名のとおりメレンゲを使ったフワッフワなパンケーキが食べられます。

 

シフォンパンケーキ

f:id:harupinruu:20171028200443j:image

ふわふわ系のパンケーキです。

 

アサイーボウル

 f:id:harupinruu:20171028200452j:image

 

店内の様子

f:id:harupinruu:20171028200538j:image

 

あ〜〜

気分はハワイ〜〜(笑)

アロハ〜〜

 

アリオ川口にこんな素敵なお店があったなんて〜

 

ガーリックシュリンプも今度食べてみたいな〜

 

マハロ〜〜(*´∇`*)

 

 

 

 

どこかにマイル 決定〜!

JALから搭乗便が決定したとメールが来ました!

 

行き先は〜

 

どこでしょ〜

 

ジャーン♪(v^_^)vv(^_^v)♪

 

行き先は、広島でした〜

 

やっほーい!

広島嬉しい〜( ^∀^)

 

秋の安芸の宮島〜〜

 

広島に行くのは、高校の修学旅行以来ですな。

 

日帰り広島旅行の行程考えなくちゃ

牡蠣でしょ

島風お好み焼きでしょ

もみじ饅頭でしょ

 

食べ物ばっかやないかい!( ̄+ー ̄)

 

広島便の空席見たら、片道2万円以上してました。

どこかにマイル、お得ですね〜

 

どこかにマイル

JALの「どこかにマイル」

 

通常、国内線の特典航空券に引き換えるには12000マイルが必要ですが、この「どこかにマイル」だと半分の6000マイルで特典航空券に交換できます。

 

なんてお得なんでしょう〜(^o^)

 

ただし!

ただし!

 

どこ行きの何時の飛行機になるか分かりません

ƪ(˘⌣˘)ʃ

 

JALのページから「どこかにマイル」を申し込むと、行き先の候補地が4つ提示されます。その中のどこになるかは分かりません。申し込んでから3日以内に搭乗便が決定されて、メールがくるそうです。

 

出発地(羽田か伊丹のみ)、日にち、時間帯(5つに分かれた時間帯から選択)を選ぶと4つの候補地が出て来ます。

 

もし、そこが気に入らなかったら再検索すると別の候補地が出て来ます。

何回再検索かけても、同じ候補地しか出てこないこともあります。

この時期は東北や北海道が出やすいみたいです。

 

この「どこかにマイル」を申し込んでみました〜

 

何度か検索かけて、出て来た候補地

松山、宮崎、福岡、広島

これで申し込んでみました。

 

どこになるかドキドキしますね〜〜

ちなみに、お得意の日帰りです( ̄∇ ̄)

 

JALからのメールが楽しみです〜

どこになるかな〜????

 

 

放送大学エキスパート

放送大学エキスパートいただきました〜

今回は「日本の文化と社会」

f:id:harupinruu:20171009203415j:image

 

昨年もらったのは「芸術系博物館支援」

http://harupinruu.hatenablog.com/entry/2016/09/26/161917

 

2つ目です(^∇^)

 

自己満足

自己満足

 

笑っ