2018前期 美術展備忘録 その2

その1を書いてからまた日にちが経ってしまいました。

遡って順番に書こうと思っていたけど、とりあえず一番最近行ってまだ記憶に新しいものを書いておきます。

 

プーシキン美術館展ー旅するフランス風景画

2018年4月14日〜7月8日

東京都美術館

f:id:harupinruu:20180709225028j:image

f:id:harupinruu:20180709225049j:image

 

モスクワのプーシキン美術館から珠玉のフランス絵画がやってきました。

だいたい、いつもそうなんだけど。最初の方の展示作品をゆっくりと鑑賞していくと、最後の方にメインの作品が展示されていて、ゆっくり見る時間がなくなるという、いつものパターン。

 

クロード・モネ

「草上の昼食」

f:id:harupinruu:20180709221621j:image

現在オルセー美術館にある大きな絵「草上の昼食」の習作です。オルセーの「草上の昼食」も2014年に国立新美術館で開催されたオルセー美術館展で見たことがあります。

 

こちらがオルセーの「草上の昼食」《参考》

f:id:harupinruu:20180709221918j:image

かなり大きな絵で、損傷が激しく残りの部分は無くなってしまい、2枚に分かれた部分が残るのみ。全部揃っていたら素晴らしかっただろうな。

 

今回の習作の前に立ったとき

え?これ、絵?

写真かと思った・・・というのが感想でした。

モネの絵を写真に撮ったもの、に見えたのです。でも近くで見ると、絵の具の盛り上がりも見えるし、間違いなく絵でした。当たり前か。

モネ26歳のときの作品。印象派への扉が開く、そんな萌芽を感じさせます。

不思議な絵。

 

もうひとつモネの絵

「陽だまりのライラック

f:id:harupinruu:20180709223203j:image

こちらは2013年に横浜美術館で開催された「プーシキン美術館展」でも展示されていた作品です。このときは見に行くことができなかったので、今回見ることができて、飛び上がるほど嬉しかった〜

花びら舞うライラックの木の下で、モネの妻カミーユと長男の乳母がのんびり座っています。

カミーユは木陰にいるのに日傘をさしてますね〜

カミーユは「日傘をさす女」でも有名です。

モネの絵に出てくるカミーユを見ると、いつも切ない気持ちになります。絵の中のカミーユは幸せそうで、それを見つめるモネも幸せだったんだろうなって思えるから。カミーユが32歳の若さで亡くなったことを思うと、一番幸せだったころのモネの絵なんだなぁって、切なくなるのです。

 

2014年のオルセー美術館展の記事

http://harupinruu.hatenablog.com/entry/2014/09/06/120802

 

アンリ・ルソー

「馬を襲うジャガー

f:id:harupinruu:20180709225503j:image

アンリ・ルソーは、パリ市の税関の職員をしていました。絵が描くことが好きで独学で画家になりました。ルソーの絵を見て皆んなが笑いました。だって、ヘタクソだったから。

でも、皆んなに笑われてもルソーは画家である自分を誇りに思っていました。やがてルソーはジャングルや熱帯に興味を持ち、絵の中で空想のジャングルへ旅立つようになりました。

そんなルソーのジャングルの絵。

馬の顔・・・笑えます( ̄▽ ̄)

アジの開きみたいなジャガー・・・笑えます

f:id:harupinruu:20180709230236j:image

でも

ツヤツヤとした強烈な緑の鮮やかさ

のっぺりとした空の青

取ってつけたような赤い花

これらがものすごいインパクトで迫ってきます。

 

あのピカソはルソーの絵を高く評価していたとか。

ルソーの絵を見たのは、今回が初めてかもしれない。ルソー、ただものじゃないぞ_φ(・_・

 

最後の撮影コーナー

f:id:harupinruu:20180709231351j:image

 

入口は撮影できなかったけど、「草上の昼食」の森の中に入っていくようなパネルがあって

帰りは、「馬を襲うジャガー」のジャングルの中に入っていくようなこんなパネル

なかなか凝ってる会場作りでした(^_^)

 

2018前期 美術展備忘録 その1

何が忙しいのか良く分からないけど、毎日がどんどん過ぎてしまい

気が付いたら今年ももう半分終わってしまいそうです。

年を取ると、本当に月日の経つのが早い。

今年前半に訪れた美術展、忘れないように記録しておきましょう。

とりあえず、ぞの1です。

 

特別展「仁和寺と御室派のみほとけ」

天平真言密教の名宝~

2018年1月16日~3月11日

東京国立博物館

f:id:harupinruu:20180609090329j:image
 歴代天皇の厚い帰依を受けた仁和寺は、御室派の総本山。

その仁和寺と全国に約790ある御室派のお寺から選りすぐりの仏像や絵画が東京国立博物館に集合です。

 

圧巻はやっぱり大阪・葛井寺(ふじいでら)の本尊

国宝「千手観音菩薩坐像」

上の画像(看板)の右の仏様です。

千手観音はたくさんの手を持つ仏様ですが、仏像としての千手観音像は、普通は手の数は千本もありません。40本の手で表現されることが多いようです。たくさんの手を持っているということで「千手観音」としています。たくさんの手で多くの人々を救う千手観音。

この葛井寺の千手観音には、大小合わせて1041本の手があるそうです。。

そしてそのひとつひとつの手には「眼」が。

私たちを救い取ってくれるありがたい手です。

 

 

一般には非公開の仁和寺・観音堂の再現展示

撮影OKな場所でした。

f:id:harupinruu:20180609090321j:plain

f:id:harupinruu:20180609090325j:plain

f:id:harupinruu:20180609090337j:plain

なんだか本当に観音堂の中にいるみたい。

 

 

 

ほかに印象に残ったもの

(画像はありませんのでご興味のある方は検索してみてください)

 

仁和寺の国宝「薬師如来坐像」円勢・長円作

像高12センチの小さい仏像です。台座と光背を含めると約22センチほど。白檀で精緻に彫刻されていて、よくよく見ると衣に細かい截金文様が施されていて、キラキラ光ってとっても美しい。細かい細工に目を見張ります。

 

 

神奈川県・龍華寺の「菩薩坐像」

天平時代の脱活乾漆造

台座に座り片足を下におろした姿で、指先を頬に当ててはいないけど、半迦思惟像だと思います。

天平時代の脱活乾漆造といえば興福寺の阿修羅像などが有名ですが、この菩薩像も同じ時代の同じ作り方の仏像だということに驚きました。

天平時代に関東地方でもこのような仏像が作られていたんですね。

発見された当時バラバラだったものを修復したようです。

菩薩像らしく高く結い上げた髪、優雅な曲線の衣、きらびやかな首飾り、そして穏やかなお顔。

画像がないのが本当に残念なのですが、何度も何度も戻っては見とれていました。

本当に美しい菩薩像でした。

 

 

 

 

 

ゴールデンウィーク

ゴールデンウィークも終わりですね。

それにしても、3連休、仕事、仕事、4連休

全然ゴールデンウィークじゃないね。

 

都内、もしくは埼玉県をチョロチョロしていただけで、あっという間に休みも終わりです。

 

ある日は、府中の東京競馬場

親分1が一口馬主になっている馬がレースに出るというので、一緒に応援に行ってきました。

抽選で馬主席が当たったので、VIP気分で馬主席へ!

f:id:harupinruu:20180506151850j:image

f:id:harupinruu:20180506151929j:image

最近はCMでもやっているように、女性をターゲットにした企画もあるようです。

UMAJO  SPOT

女性だけが利用できるカフェコーナー

ドリンク1杯無料サービス(^o^)

f:id:harupinruu:20180506153500j:image

 

肝心なレースは、ちょっと残念な結果でした

また次回頑張りましょう( ̄∇ ̄)

f:id:harupinruu:20180506153600j:image

 

そしてまたある日は、上野動物園

混雑を覚悟の上での出陣です。

なぜなら、シャンシャン観覧券が当たったから〜

ワァ───ヽ(*゚∀゚*)ノ───イ

この日は、上野動物園入園無料というありがたくも迷惑な日で

ただでさえ混んでるゴールデンウィークなのに

さらに大混雑という、そんな日でありました。

指定時間よりも早めに着いたので、ほかの動物でも見ようと思って園内を進めども、進めども

人、人、人で

動物なんて見えやしないよっ!

動物よりも人間を見にきているようで、ふつふつと笑いがこみ上げてくる始末

アヒャヒャヒャヽ(´>∀<`*)ノアヒャヒャヒャ!!

やっぱりゴールデンウィークに出かけちゃいかんのだよ。

人は多いし、暑いし

近くのスタバは、これまた長蛇の列で

並んだとしても、買えるのはいつになることやら。

 

待ってる間に、パパのリーリーを見る

f:id:harupinruu:20180506154829j:image

f:id:harupinruu:20180506154840j:image

なんか、人間が入ってるんじゃね?的な後ろ姿

 

そして、やっと時間になりました

おまたせ〜

シャンシャンです〜

f:id:harupinruu:20180506155225j:image

f:id:harupinruu:20180506154957j:image

ひたすら寝てます(笑)

 

ママのシンシンが近づいてきた〜

f:id:harupinruu:20180506155046j:image

 

はい、お時間です!

 

観覧場所が4か所あって

30秒、30秒、30秒、30秒の合計2分で終了です。

もっと見たかったなぁ〜

 

なんだかんだ言って

あまりのんびりできなかったけど、楽しいゴールデンウィークでした。

 

もくしでつなぐプロジェクト

「もくし」って、な〜んだ?!

ヒント1、馬

ヒント2、ロープ

ヒント3、頭部

 

答えは

馬の頭部に付けるロープでできたコレです。

f:id:harupinruu:20180425231335j:image

f:id:harupinruu:20180425232031j:image

 

Pacalla(パカラ)さん主催の、「もくしでつなぐプロジェクト」という催しに、親分1に誘われて参加してきました。もくしを作る体験教室(?)です。

まだまだ寒い2月のことでありました。

 

1本のロープから作るもくし。

簡単そうに見えて、とっても難しい( ˘•ω•˘ ;)

インストラクターのお姉さんが丁寧に教えてくれて、悪戦苦闘しながらやっと完成〜

f:id:harupinruu:20180426064110j:image

 

出来上がったもくしは牧場へ送られて、春に生まれる仔馬ちゃんに使うんだって。

色ガムテープでまだ見ぬ仔馬ちゃんへのメッセージを書いて、もくし作りは終了です。

楽しかった〜

 

 

それから約2か月後

自分が作ったもくしを付けた仔馬ちゃんが紹介されました〜

 

4月17日に前谷牧場さんで生まれた元気な男の子です〜

f:id:harupinruu:20180426064727j:image

母 ローズアダージョ
ドゥラメンテ
お母さんのお父さん、つまりおじいちゃんがあのディープインパクトだって〜(^o^)

f:id:harupinruu:20180426065327j:image

 

私、作成のもくし

f:id:harupinruu:20180426064914j:image

 

まつ毛が長くてかわいい(*^^*)

f:id:harupinruu:20180426064926j:image

 

なんだか感動です

f:id:harupinruu:20180426064934j:image

 

前谷牧場さんまで仔馬ちゃんに会いに行きたくなりますね。

 

たくさん食べて大きくなるんだよ(*^▽^*)

f:id:harupinruu:20180426065434j:image

f:id:harupinruu:20180426071306j:image

 

画像は前谷牧場さんから使用許可いただきました。

前谷牧場さん、ありがとうございました。

また、Pacalla(パカラ)さん、ありがとうございました。

またヨロシクお願いしますm(_ _)m

春本番

ブログを放置すること約3か月

 

元気にしておりますのでご心配なく(*・ω・)ノ

美術展もいろいろ行ってはいるけど、なかなかブログにアップすることが出来ず、ネタは溜まるばかり

そのうち、書くときを逸してしまうなぁ〜(^_^;)

 

 

今年ももう4分の1が終わってしまいます〜

年明けてから3月までって、本当に早い

4月から新しい職場に異動することになり、年度末の今はバタバタしてます。

 

そんな忙しい今日この頃ですが

世の中は桜の花が満開で、春本番を迎えております。

 

先日は、親分1とお花見クルーズを楽しんで参りました。

 

下町クルーズ がれおん

f:id:harupinruu:20180329081002j:image

12人乗りの小型船

小名木川クルーズ80分コースです。

日本橋のたもとから乗船します。

f:id:harupinruu:20180329082834j:image

 

船の中には、なぜか金魚の水槽が〜!!

水がこぼれたらどうするんだー?!

f:id:harupinruu:20180329083404j:image

ところが、水はまったくこぼれませんでした。

水槽の近くに座ってたのでヒヤヒヤしました。

 

隅田川へ出て、スカイツリーを見ながらのんびり進みます

f:id:harupinruu:20180329083527j:image

 

小名木川

f:id:harupinruu:20180329083709j:image

f:id:harupinruu:20180329083717j:image

川の近くの桜は、公園などの桜よりも一足遅く咲くそうで、まだ6分咲きぐらいでしょうか

 

クルーズのあとは、東京駅までぶらぶら歩き

 

途中の「サラベス東京店」でランチ

クラシックエッグベネディクト

f:id:harupinruu:20180329123136j:image

卵がぷるんぷるん&とろ〜り

f:id:harupinruu:20180329123206j:image

この卵、どうやって作るんでしょう?

 

ほかにも、レモンリコッタパンケーキを頼んだけど、写真撮るのも忘れて食べちゃいました〜

美味しかった♪( ´θ`)

 

やっぱり花より団子ってことかな?!

 

迎賓館

昨日は迎賓館見学に行って来ました。

親分1は一度行ったことがあるけど、私は初めて。

12月22日〜24日は特別参観で、いつもは開放していない正面玄関から入館できるそうで。

この正面玄関は、外国からの賓客をお迎えするときに使用するもので、今回初めて一般に公開するらしいです。

事前予約の申込をしておきました。でも、余裕があったみたいで、予約なしでも見学可能だったようです。

 

f:id:harupinruu:20171224102038j:image

でも、この正面の門からは入れません。門は見るだけ。

 

迎賓館正面

f:id:harupinruu:20171224102130j:image

おお〜!

ホーフブルグ(ウィーンの王宮)のような外観。ここはヨーロッパか?!と錯覚しますね。

 

屋根の上にはこんなものが

兜に鎧の像に見えます。

f:id:harupinruu:20171224102301j:image

シェーンブルン宮殿グロリエッテにある守護者の像と同じような意味でしょうか。戦争で亡くなった兵士のためのものが守護者の像です。

 

孔雀かな? 

f:id:harupinruu:20171224103012j:image

 

f:id:harupinruu:20171224103233j:image

f:id:harupinruu:20171224103321j:image

 

扉の上には菊の御紋が

f:id:harupinruu:20171224103351j:image

 

撮影できるのはここまで

いよいよ中に入ります〜

晩餐会に招かれた国賓の気分で(笑)

館内が撮影不可なので写真がないのが残念ですが

 

迎賓館の中は・・・

金の装飾が施されてピカピカ

絨毯ふかふか

大理石の柱がバーン

 

すごかったです。(語彙が貧弱ですみません)

 

晩餐会が開催される「花鳥の間」にあった「七宝花鳥図三十額」

濤川 惣助(なみかわそうすけ)作の30面の花鳥画

これが絵ではなくて七宝だというから驚きです。

濤川は、釉薬が混ざらないように輪郭線として使う金線や銀線を、焼き付ける前に抜き取るという手法を採用しています。

線を抜き取ることによって釉薬がグラデーションをもって微妙に混ざり合い、絵画のような七宝が出来上がるそうです。

 

そういえば、藤田嗣治の絵が展示されてるはずなんだけどどこにあったのかなぁ?

と思いつつ出口まできたら

ありました〜

藤田嗣治が銀座の洋菓子店コロンバンの天井画のために描いたというロココ調の絵6枚のうちの2枚。

「犬を抱く女性と楽士」

「葡萄の収穫」

優美で牧歌的なヨーロッパの香り漂う藤田の絵は、当時の日本人にとってはハイカラなものだったんだろうなぁ。

 

迎賓館を後にして、アトレ四谷の中にある「PAUL」でランチ

f:id:harupinruu:20171224174744j:image

バゲットにハムとチーズとレタスを挟んだサンドイッチ 

美味しかったけど、バゲットが固くて口の中がガッサガサになりました〜(^_^;)

 

迎賓館でウィーン気分

PAULでパリ気分

 

年末の忙しい毎日ですが

楽しい休日を過ごせました〜(*^^*)

 

パリ❤︎グラフィック

パリ❤︎グラフィック

ロートレックとアートになった版画・ポスター展

2017年10月18日〜2018年1月8日

三菱一号館美術館

 

f:id:harupinruu:20171216095510j:image

三菱一号館美術館へ行ってきました。

土曜日だから混んでるかな〜って思ったけど、混み具合はそこそこってかんじ。みんな上野の怖い絵展や北斎ジャポニスム展の方へ行ってるのかな?

 

19世紀末のパリ。

パリ大改造で街は綺麗になり、ガス灯が整備され人々は夜も闇に閉ざされるということがなくなりました。

様々な印刷技術が発明され、ポスターや版画(グラフィック)が絵画と同じように芸術と呼ばれるようになりました。

三菱一号館美術館が所蔵する作品と、アムステルダムのファン・ゴッホ美術館のコレクションからポスターなどが多数展示されています。

館内にはBGMが流れていて、なんだかパリ気分になりますね〜

 

世紀末パリのポスターといえば、この人

ロートレック

f:id:harupinruu:20171216093628j:image

裕福な家に生まれたロートレックは、子どもの頃から絵を描き始めました。やがて、ダンスホールや酒場、娼館などに入り浸るようになり、そこにいる人々の日常をポスターに描きました。

有名なムーランルージュのポスターで、彼は一躍パリの花形芸術家になったのです。ムーランルージュにはロートレックの指定席があったとか。

 

館内では撮影OKな展示室もありました。

f:id:harupinruu:20171216113448j:image

歌手アリスティド・ブリアンのポスターが貼られていたパリの街角を彷彿させます。

 

オディロン・ルドン

ベアトリーチェ

f:id:harupinruu:20171216113809j:image

絵の詳しい説明はなかったけど、きっとダンテの神曲に出てくるベアトリーチェでしょう。ダンテが憧れ続けた永遠の恋人。

ルドンはあまり好きじゃなかったけど、この、ほんのりぼやけた輪郭の「ベアトリーチェ」は、幻想的でとっても綺麗でした。

三菱一号館美術館で来年開催予定の「ルドン展」にも行ってみたくなりました。

 

ヴァロットン

「可愛い天使たち」

f:id:harupinruu:20171216133646j:image

ヴァロットンの版画は、黒い部分が多くて風刺が効いていたり、何かを暗示するようなものが多いけど、これは可愛いヤツ。

学校帰りの子供たちかな?ガヤガヤと楽しい声が聞こえてきそう。でも、ずっと見ていると、なんとなく怖くなってくるのはヴァロットンならではですかね?

 

「アンティミテⅤ お金」

f:id:harupinruu:20171216134538j:image

これは何かを暗示するようなヤツ。

画面の半分以上を占める黒い色が印象的です。

お金で繋がってる二人?

このアンティミテシリーズは、限定30部だけ刷ったあと版木は廃棄されたそうです。だから貴重な作品らしいです。

 

さすが土曜日だけあって、カフェ1894はものすごい行列が出来てました。

また今度ゆっくりお茶でもしに行きたいです。

 

なかなか見ごたえのある美術展でした。

メルシー☆〜(ゝ。∂)

オルヴォワール*(^o^)/*