2020年 美術展備忘録

コロナに始まりコロナに終わった2020年

年が明けた2021年も収束の気配が見えず、この生活がいつまで続くものかと、先が見えないことに新年早々不安を感じています。

 

2020年は、一度もブログをアップせずσ(^_^;)

春頃には未知のウィルスに恐怖を感じて、危うくコロナ鬱になりそうになりましたが、気を取り直して、なるべく気にしないようにして生活してきました。

 

楽しみにしていた美術展も次々に中止になりました。

東京国立博物館で予定されていた「出雲と大和」は、見に行こうと思っていたら途中で閉幕し、「法隆寺金堂壁画と百済観音」は全面中止。

それからはどの美術展も開催されない日々が続きました。

夏ごろからは、日時予約制を導入して美術展も少しずつ開催されるようになりました。

ブログアップをサボっていたので、見に行った美術展を思い出しつつ2020年を振り返りたいと思います。

 

「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」

2020年6月18日〜10月18日

(当初予定されていた会期 3月6日〜6月14日)

国立西洋美術館

f:id:harupinruu:20210103144618j:image

やっと美術展が再開されました。日時指定の予約制です。そのわりには混んでた印象ですけど。

ロンドンにあるナショナルギャラリーから61点が来日。しかも全作品が初来日だそうです。

 

クリヴェッリ、レンブラントターナーフェルメール、モネ

たくさん素晴らしい作品がありましたが、やっぱり今回の目玉はこれでしょう。

 

ゴッホ

「ひまわり」1888年

f:id:harupinruu:20210103151014j:image

ゴッホは何枚もひまわりの絵を描いていますが、このナショナルギャラリーの「ひまわり」は、共同生活を始めたゴーギャンも絶賛した作品でした。背景も含めていくつもの黄色を使ったひまわりの絵は、明るさに満ちて輝きを放っています。

この後、ゴーギャンが黄色い家を出て行って、絶望の中で精神病院へ入院するゴッホの人生。彼が一番輝いていた頃の「ひまわり」を眩しく眺めました。

 

いつもなら、たくさんの美術展チラシが並んでいる棚がからっぽで…とっても寂しく感じました。

f:id:harupinruu:20210103152642j:image

国立西洋美術館は、この後から2022年春まで館内施設整備のため全館休館となりました。

寂しいけど、2022年春の新装オープンを楽しみに待つことにしましょう(^^)

 

 

「画家が見たこども展」

ゴッホ、ボナール、ヴュイヤール、ドニ、ヴァロットン

2020年6月9日〜9月22日

(当初予定されていた会期 2月5日〜6月7日)

三菱一号館美術館

f:id:harupinruu:20210103105806j:image

三菱一号館美術館では、ナビ派の美術展を今までも良く開催してますが、今回もナビ派です。

ナビ派とは、印象派に続く前衛的な芸術を製作したグループの名前。ナビ派のナビとは、ヘブライ語預言者を意味しています。
日本の浮世絵の影響を強く受けて、印象派よりもさらに平面的に絵を描きました。

画家から見た子どもの絵を集めた美術展です。

 

ナビ派の中では、モーリス・ドニの絵が好きです。

 

モーリス・ドニ

「赤いエプロンドレスを着た子ども」

f:id:harupinruu:20210103111208j:image

荒い点描画のような描き方で、花畑の前を歩く女の子が描かれています。スタンプを押したような大きな赤い筆跡で表された女の子のエプロンドレス。風になびくエプロンの下から白いスカートが見えます。子どもを見つめる優しい画家の目が感じられます。

 

 

「The UKIYO-E 2020」

日本三大浮世絵コレクション

2020年7月23日〜9月22日

東京都美術館

f:id:harupinruu:20210103112332j:image

日本三大浮世絵コレクションってなんでぇい?(江戸っ子口調で語りま〜す)

東京原宿の太田記念美術館、長野県松本市の日本浮世絵博物館、そして平木浮世絵財団のコレクションを日本三大浮世絵コレクションっていうらしいですぜぃ。

その三大浮世絵コレクションから約450点の浮世絵版画の逸品を一堂に展示するなんざぁ、驚いた美術展だねぇ〜

初期浮世絵の墨摺絵から極彩色の錦絵、さらに西洋画の影響を受けた風景画などなど、とにかく展示作品が膨大で、はっきり言って全部は見れなかったんでぃ、ちくしょーめ。

だから、家でゆっくり見ようと思って、禁断の図録を買っちまった。

f:id:harupinruu:20210103134658j:image

こんなに分厚くて、本棚が泣くぜぃ。

 

鈴木春信

「見立芥川」

f:id:harupinruu:20210103134821j:image

錦絵誕生の頃はやっぱり鈴木春信のほっそり美人の浮世絵がたまらねーや。

これは「伊勢物語」第六段「芥川」の話を、当世風の男女の姿で見立た絵だってよぉ。

「芥川」っつーのはよぉ

 

恋焦がれた高貴な身分のお姫様を、ついにさらってきた男ありけり。女を背負って逃げる途中、芥川という川に差し掛かったとき、背中の女が草に光る夜露を見て「あれは何か」って聞くけど、男は答えずにひたすら走る。やっとの思いであばら屋にたどり着き、女を押し込めて夜を明かすが、女は鬼に食べられてしまった。

 

っつー話だってよぉ。女が夜露も見たことがない、超お嬢様だったっつー話らしいぜぃ。

 

江戸末期の浮世絵は、歌川国芳の絵が面白れぇなぁ。

 

歌川国芳

「里すゞめねぐらの仮宿」

f:id:harupinruu:20210103140456j:image

遊郭に通い慣れた人のことを「里雀」って呼ぶらしいぜ。お前さん、知ってたかぃ?

この絵はよぉ、遊郭の客だけじゃなく、遊女も、かごかきも、みんな雀になっちまってるぜぃ。当時は天保の改革で、遊女を描くことは禁止されてたっつーから驚きだ。国芳は、全員を雀に置き換えて描くことで規制の網をくぐり抜けたっつーことらしいぜ。見上げたもんだよ、国芳っつぁん。

 

そういえばこの美術展では、いつももらえる出品目録が置いてなかったんだぜぃ。スタッフの人に聞いてみたら「今回は作っていないので、サイトからダウンロードしてください」ときたもんだ。だから思わず分厚い図録を買っちまったんだった。

あいたたた〜(>_<)

こいつぁ〜一本取られたぜぃ。

 

 

「桃山 天下人の100年」

2020年10月6日〜11月29日

東京国立博物館

f:id:harupinruu:20210103161455j:image

室町時代末期から江戸時代初期への戦乱の世の中。西洋の文化も入ってくる激動の時代です。

屏風絵、襖絵、絵巻物、書画
茶器、刀剣、鎧
などなど


華やかなものから、わびさびを感じるものまで。

単眼鏡を持っていくのを忘れてしまい、目が悪い私は良く見えなかったことが悔やまれます。

 

あとから知ったのですが、岩佐又兵衛の「豊国祭礼図屏風」(17世紀 徳川美術館蔵)には、通称「たけのこおじさん」が描かれていたそうです。

f:id:harupinruu:20210103163428j:image

見つけたかったなぁ〜(泣)

 

 

「KING & QUEEN展」

名画で読み解く英国王室物語

2020年10月10日〜2021年1月11日

上野の森美術館

f:id:harupinruu:20210103163946j:image

久しぶりに姉を誘って一緒に行ってきました。

怖い絵シリーズの中野京子さんを展覧会ナビゲーターに迎えて、チューダー朝から現在のウィンザー朝まで、肖像画を見ながらイギリス王室の歴史を辿ります。

音声ガイドは元宝塚花組トップスターの明日海りおさん。

いいね〜

こういうの、いいね〜(o^^o)

 

何人も妻を取り替え、たくさんの人を処刑したヘンリー8世。バージン・クイーン、エリザベス1世

やっぱり歴史的にはチューダー朝の頃が面白い。

 

今回唯一撮影OKだったのが、現女王のエリザベス2世の肖像画。在位68年だそう。

若くて美しい女王陛下。
f:id:harupinruu:20210103163950j:image

 

 

琳派印象派

2020年11月14日〜2021年1月24日

アーティゾン美術館

f:id:harupinruu:20210103165114j:image

ブリヂストン美術館がリニューアルしてアーティゾン美術館に名前が変わりました。

館内はとってもおしゃれになっていました。

 

京都、江戸という日本の都市で発展した琳派

パリを中心に発展した西洋の印象派


「都市文化」をキーワードに日本とヨーロッパの美術を見比べていく展覧会です。

琳派というと、クリムトを代表とするウィーン分離派への影響が思い起こされますが、印象派にも影響を与えていたんですね。

アーティゾン美術館では、自分のスマホに入れたアプリを使って、自分のスマホとイヤホンで音声ガイドが楽しめます。
今のこのコロナの状況では、嬉しいサービスですね。

 

アーティゾン美術館所蔵の作品は撮影OKでした。

f:id:harupinruu:20210103170152j:image

画像左列上から

モネ、モネ、モリゾ

中央列、モネ

右列上から

ルノワールセザンヌ、カイユボット

 

ミュージアムカフェも素敵でした

 

ラム肉のスコッチエッグ

f:id:harupinruu:20210103170517j:image

 

中には半熟卵がとろーり♪
f:id:harupinruu:20210103170513j:image

お水もこんなにおしゃれな入れ物でサービスされます

f:id:harupinruu:20210103170702j:image

 

そんなに混んでいなくて、ゆっくり見れて快適でした。

 

 

2021年は、また面白そうな美術展がいろいろありそうです。

どうか、どうか

中止などにならないで、無事に開催されますように。

お願いしますm(_ _)m

 

ニュージーランド まとめ

ニュージーランド旅行記を書こうと思いつつ、何かと忙しくしていて、かれこれ1か月以上経ってしまいました。

 

旬を逃すと、ブログって書けなくなっちゃうのね。

というわけで、いきなりニュージーランド旅行のまとめです〜

 

マウントクックで泊まったのは、マウントクックロッジ&モーテル。

f:id:harupinruu:20200216103405j:image

 

昔泊まった、マウントクックトラべロッジの名前が変わったのね。

f:id:harupinruu:20200216103409j:image

 

今回は、高くても思い切って憧れのハーミテイジに泊まるか?!って思っていたのに、まったく部屋が空いてなくて、またいつもと同じこちらに宿泊となりました。

 

翌日のテカポ湖では、宿泊予約サイトでひとつだけ空いていたバケーションレンタル(貸別荘)に泊まりました。


f:id:harupinruu:20200216103821j:image

f:id:harupinruu:20200216103817j:image

 

とってもステキなところでした〜

f:id:harupinruu:20200216104209j:image

この別荘のまわりでは、うさぎがピョコピョコ出現!

お部屋の中からうさぎ観察

f:id:harupinruu:20200216104420j:image
f:id:harupinruu:20200216104415j:image
f:id:harupinruu:20200216104411j:image

 

テカポ湖ほ、綺麗な星空が見えることで有名です。一度見てみたいと思っていたテカポの星空。

夜中の0時ごろ、住宅が途切れた小高い丘の上まで行ってみました。

 

f:id:harupinruu:20200216104635j:image
f:id:harupinruu:20200216104627j:image

f:id:harupinruu:20200216105918j:image

 

 

お天気も良くて

満月でもなくて

キラキラ輝く満点の星が見えました〜

 

年末年始のお休みを使って、8日間のニュージーランド旅行。

思い切って行って良かった(o^^o)

 

最後に

ニュージーランドといえば羊

かなりはしょりましたが、羊とともに、ニュージーランド旅行記おしまいです。

f:id:harupinruu:20200216104954j:image
f:id:harupinruu:20200216105006j:image
f:id:harupinruu:20200216104951j:image
f:id:harupinruu:20200216105001j:image
f:id:harupinruu:20200216104947j:image

f:id:harupinruu:20200216105359j:image

 

ルピナス

クライストチャーチからテカポ湖を経由して、マウントクックへ行きました。

 

途中、ルピナスがたくさん咲いている夢のような風景が・・・

f:id:harupinruu:20200128181259j:image
f:id:harupinruu:20200128181255j:image
f:id:harupinruu:20200128181306j:image

 

一番最初にニュージーランドに行った頃には、いたるところにルピナスが咲いていました。

けれど、ルピナスニュージーランドにとって外来種。しかも、繁殖力が強い。ニュージーランドの国としては、駆除するためにルピナスに毒を撒いたりしていました。

久しぶりに訪れたニュージーランドで、ルピナスは咲いてるのかなぁって思っていました。

テカポ湖から少し離れたところに、一面ルピナスの光景が広がっていました。

きっと、場所を特定してるんだね〜

そこ以外は、だいぶルピナスは減っていました。

 

 

天国のような風景

ルピナスの花の香り

 

f:id:harupinruu:20200128181935j:image

 

この風景を元気にまた見ることができて

幸せでした(*´꒳`*)

 

 

クライストチャーチ

オークランドで国内線に乗り継いでクライストチャーチへ。

 

f:id:harupinruu:20200115072951j:image

クライストチャーチ空港でレンタカーを借ります。

予約しておいたハーツレンタカー。受付のお兄さんがいろいろ英語で喋ってくる。英語があまり得意でなさそうな日本人二人に対して、おかまいなしに英語で喋り続ける。「これを読め」というかんじで、ニュージーランドの交通教則が書かれた冊子を手渡されました。

ほとんど何を言っているのか分からなかったものの、なんとかレンタカーに乗り込むことに成功。

やっぱり、もっと英語勉強しないとね_φ( ̄ー ̄ )

 

ニュージーランドは日本と同じで、左側通行、右側ハンドルなので

全然OKです‪(`OωK´)‬

しかも、運転するのは親分1だし( ̄▽ ̄)

 

 

ホテルにチェックインしてから、クライストチャーチのまち歩きです。


f:id:harupinruu:20200115073433j:image

f:id:harupinruu:20200115073428j:image

キングサイズのベッドがふたつ。広いお部屋でした〜

 

クライストチャーチの街の中心部にあった大聖堂。

2011年2月、クライストチャーチで大地震がありました。

向かって左側にあった背の高い尖塔はなくなっていました。全く工事は進んでいない様子です。鳩の住処になっているみたいです・・・

f:id:harupinruu:20200115073803j:image

大聖堂広場前に新しいモニュメントができていました。
f:id:harupinruu:20200115073759j:image

昔の美しかった大聖堂の姿を思い出して、心が痛みます。

でも、そこから少し離れたところに新しい教会ができていました。


f:id:harupinruu:20200115074146j:image

f:id:harupinruu:20200115074143j:image

日本人の建築家、坂 茂さんによる、紙管でできた教会です。紙を丸めて筒状にしてあるもので作られています。

とっても綺麗な教会でした。

 

 

街中にはこんなお店も。

アマテラス 鉄板焼き・・・ちょー気になる(笑)

入らなかったけど。

f:id:harupinruu:20200115074522j:image

トラムは健在です。乗らなかったけど。
f:id:harupinruu:20200115074519j:image

追憶の橋
f:id:harupinruu:20200115074515j:image

 

夕食は、ピザとビーフカツレツ

美味しかったです〜(*^^*)


f:id:harupinruu:20200115074801j:image

f:id:harupinruu:20200115074806j:image

 

エイボン川でカモと戯れる。

お見苦しい後ろ姿でスミマセンσ(^_^;)

f:id:harupinruu:20200115074908j:image

 

あまり時間が取れなくて、ゆっくりはできなかったけど。ガーデンシティと呼ばれるクライストチャーチは、良く手入れされたお庭の家が並ぶ本当に美しい街です。

また、ゆっくり行きたいな〜(o^^o)

 

つづく

 

エアーニュージー ビジネスクラス

機内に入ると、さっそくシャンパンがサービスされました。

f:id:harupinruu:20200109185409j:image

 

シートはこんなかんじ
f:id:harupinruu:20200109185412j:image
f:id:harupinruu:20200109185404j:image

寝るときにはシートを前に倒して、フルフラットのベッドになります。

CAさんがセッティングしてくれます。

 

その前に、機内食

f:id:harupinruu:20200109185643j:image

親分1のシートの向かい側に座れて、一緒に食事できました。なんて画期的〜
f:id:harupinruu:20200109185648j:image
f:id:harupinruu:20200109185634j:image
f:id:harupinruu:20200109185639j:image

 

おなかもいっぱいになったところで

おやすみなさい〜(-ѡ-)zzzzz

 

 

 

はい

朝になりました〜

 

朝食です〜

f:id:harupinruu:20200109190021j:image
f:id:harupinruu:20200109190018j:image

 

そして、オークランド国際空港に到着したのでした。


f:id:harupinruu:20200109190131j:image

f:id:harupinruu:20200109190127j:image

 

つづく

ニュージーランド

2020年

明けましておめでとうございます。

 

今回の年末年始は、カレンダーの並びがとっても素敵な並びで。

こ、こ、これは〜!(*´艸`)!

思い切って海外行っちゃう?

・・・と思い立ち

年末に少し休暇を足して

ニュージーランドへ行って参りました(^^)

 

6泊8日で、滞在先は

クライストチャーチ

マウントクック

テカポ湖

メスベン

グレイマウス

クライストチャーチ

です。

 

ニュージーランド航空

行きは深夜のフライトになるので、ビジネスクラスにしました。金額もちょっと頑張れば出せる範囲だったし。でも、帰りの便のビジネスクラス料金は、無理無理無理〜っていうかんじのお値段だったので、エコノミーにしました。

 

成田から出発

スターアライアンスメンバーのニュージーランド航空は、全日空のラウンジが使えます。

 

f:id:harupinruu:20200108223742j:image

 

ゆったりした空間ですが、さすが年末。

それなりに混雑してました。

f:id:harupinruu:20200108223836j:image

スープや軽食があります
f:id:harupinruu:20200108223833j:image

ヌードルコーナーがあったので、親分1はきつねそば、私はカレーうどんを食べました。

まずい・・・

いや、うどんは美味しい

まずいのは、機内に乗り込む前にこんなに食べてしまったこと。

機内食出るのにねぇ
f:id:harupinruu:20200108223828j:image

ビールサーバーがあったので、生ビールも飲んじゃいました。

( ̄▽ ̄;)ハハ……

f:id:harupinruu:20200108223841j:image

 

おなかもいっぱいになったところで、オークランド経由でクライストチャーチまで行ってきま〜す!
f:id:harupinruu:20200108223844j:image

 

つづく

 

そして競馬場へ

ランチを食べたあとは、名古屋市政資料館をさらっと見学

f:id:harupinruu:20191226073330j:image

国の重要文化財である「旧名古屋控訴院庁舎」だそうです。

 

重厚な作りの建物。

映画やドラマの撮影にも使われたことがあるそうです。

花より男子2」でも使ってたらしい。

言われてみれば・・・

道明寺〜〜〜!!(笑)

松潤、カッコよかったですねぇ(*^^*)

f:id:harupinruu:20191226073327j:image

中には、マネキン人形を使って昔の法廷の様子が分かる部屋もありました。地下には留置場も。

 

市政博物館の見学のあとは、今回の名古屋旅行のメインの目的地(←えっ!ここからがメインなの?)

中京競馬場へ行きました。

 

親分1がやってる一口馬主

一口持ってるお馬ちゃんがレースに出るのだそうです。G1のチャンピオンズカップっていうレースらしい。

中京競馬場は、たくさんの人で溢れてました。

親分1のお馬ちゃんはクリソベリル

f:id:harupinruu:20191226075751j:image

結果は・・・

クリソベリル優勝☆

おめでとうございますゝ(´▽`)/♪

優勝したので、ゼッケンとともに写真撮ってもらいました。

f:id:harupinruu:20191226081041j:image

 

名古屋まで行った甲斐があったねぇ〜

良かった良かった♪( ´▽`)