読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美術検定 1級

本日、とうとう美術検定1級を受けてきました。

 

結果は・・・

やっぱりだめだこりゃ_| ̄|○

です。

 

受かる気がしなかったもんなぁ

 

問題は、小さい記述式2問と大きい記述式2問の計4問です。

試験時間は90分。

 

小さい記述式に時間かけ過ぎたわ。

 

それよりも、緊張で手が震えるのよ〜

右手がぶるぶるして字が書けないの〜

 

それでもなんとか最後の問題までたどりついて

小学生にある絵について解説することになったので、子供たちに分かりやすい説明文を書きなさいっていう問題。

この時点で残り時間があまりなくて

さらにぶるぶる震える右手でなんとかきったな〜い字で解答を書き終えて。

残り時間1分でした。

あぶないあぶない( ̄▽ ̄;)

 

そのとき、問題文の注意書きが目に飛び込んできた〜

「解答は会話調の文章ではなく、通常の書き言葉を使用すること」

え〜〜〜〜!!ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

なんでこんなところに小さく注意書き載せてんのよ〜

なんで問題文と同じ大きさの文字で書いてないのよ〜

めっちゃ会話調で書いちゃったじゃない

チ───(´-ω-`)───ン

これってどんくらい減点されるんだろう?!

 

やっぱり時間配分が勝負だわ

大きい記述式からやるべきでした。

 

また来年もチャレンジしようかな|( ̄3 ̄)|

でも、もうやめちゃうかも(←根性なし)

 

f:id:harupinruu:20161113170150j:image