読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

縄文の女神

縄文の女神は、山形県舟形町西ノ前遺跡から発見された日本最大の土偶です。

 
国宝に指定されている土偶は全部で5点。
2014年に東京国立博物館で開催された「日本国宝展」では、その5体がすべて揃う期間がありましたが、残念ながら全部は見に行くことはできませんでした。
 
そのときの記事です

http://harupinruu.hatenablog.com/entry/2014/11/16/223527

 

縄文の女神は撮影不可でした。

 

正面から見るとこんなかんじ

f:id:harupinruu:20160416195241j:image

おしゃれなパンタロンをはいてるみたい。

 

横から見るとこんなかんじ

f:id:harupinruu:20160416195259j:image

 上半身がめっちゃ細い〜

そしてお尻が突き出てます。

斬新なデザイン。

 

今回は「縄文の女神」と一緒に「土偶残欠」と呼ばれる土偶の破片も一緒に来ていました。

「縄文の女神」のミニチュアサイズと思える破片がいくつもありました。この形の土偶ってほかには見たことないけど、山形県のこの地方ではこの形の土偶が主流だったんでしょうか?ほかの地域からは見つかってないのかな?不思議です。


私、数年前に山形へ行ったときに「縄文の女神」さんと記念撮影してました(笑)

実物よりはかなり大きいですけど。

f:id:harupinruu:20160416195847j:image