読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

術後2週間が過ぎました

3月2日に手術をして、早いものでもう2週間が過ぎました。

傷の方は順調に回復していて、もう防水をしなくてもシャワーに入れるようになりました。防水していたのは、お腹に空いたドレーンのあと3か所で、ここは抜糸翌日までは防水が必要でした。
胸にある縦の傷は、元から防水は必要なくて、抜糸も必要ありません。
先生に聞いてみたら、この傷は皮膚の裏側から溶ける糸で縫っているので抜糸は必要ないんだそうです。
皮膚の裏側って!?(・_・;?
すごくないですか?皮膚の裏側から縫うって・・・外科医ってすごいな〜

今は歩く練習、リハビリをしています。
主肺動脈を縛ったので、今までよりも肺に行く血液の量が減ってます。ということは、サチュレーション(血中酸素濃度)が下がります。酸素が少なくなるので、少し歩いただけで息切れがします。
この酸素が少ない状態に体が徐々に慣れていって、もう少し歩けるようになることを目指します。
今のところ、手術前に比べて半分ぐらいしか歩けない感じです。少し歩くと息切れしてくるので、休憩しながら歩いています。

あと悩ましいのが不整脈です。
ICUにいるときから心房細動が起きて、電気ショックで治り、また心房細動起き、電気ショックで治り、また心房細動起き、というのを繰り返してます。
もう電気ショックはやらないみたい。
薬を調整しながら様子を見ている状態です。
この、脈拍を抑える薬には同時に血圧を下げる作用もあるそうで、血圧、低いです(;^_^A
もともと低血圧なので、さらに血圧低くなってる状態です。
普通の血圧計では測れないこともしばしば。
でも、別に頭クラっともしないので、自分的にはなんともないんですけどね。

昨日は久しぶりに病棟の外に行ってみました。
11階に患者図書室があります。
エレベーターの目の前なので、歩く距離も短くて済みます。
マンガと小説を借りてきました。
これで少し時間つぶしになりますV(^_^)V