読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10/9の検査

本日は朝食抜きで、午前中に造影MRIの検査。
もうひとつ、運動負荷心機能検査。
運動負荷心機能検査って、前にやった自転車コギコギかな?それとも踏み台昇降運動とか?

おなかがすいた〜と思っていた11時頃、お呼びがかかってMRIへ。
MRIは何度もやっているので、大丈夫。
ちょっと息を止めるのがツライけど。

ヘッドホンから流れてくる声

息を吸って〜
止めてください
ラクにしてください

に合わせて、息を吸ったり止めたりします。

今までの病院では、テープに録音された女の人の声だったけど、今日は検査技師さんの生の声でした。
あと、前は胸の上に重しを乗せられて、それがけっこう重かったけど、今日は重しは乗せられませんでした。だから、ちょっとだけラクでした〜
30分ぐらいで検査終了。

お昼ごはんです。
朝食抜きだったので、完食。
ていうか、いつも完食ですけど。

ごはん食べて、ボーっとしていたら、次の検査に呼ばれました。

運動負荷心機能検査

心電図室の一番奥に連れて行かれると・・・

出ました!
自転車コギコギマシーン。
やっぱりコレかー。

胸に心電図
左人差し指にバルスオキシメーター(血中酸素濃度を測る機械)
右腕に血圧計
毒ガスマスクみたいなマスク(呼気を調べる)

を、装着して自転車コギコギです。

検査のオーダーの紙に
「主治医立会い必須」
って、書いてあったけど、センセイなんていないじゃん。
と、思ったら、センセイの下についている医学部の学生くんが登場。
なんだ。まだ医者じゃないじゃん。
などと思いつつ、検査開始〜
1.2.1.2
はいーコギコギしますー
そしてー
ペダルが重くなりますー
コギコギー
コギコギー
苦しくなってきたー
コギコギー
コギコギー
ゼエゼエハアハア
はい、終了〜

終了後、自転車に乗ったまま呼吸を整えます。
はあはあ
はあはあ
ふー

と、落ち着いてきたところで、背後から声が

「サチュレーションも落ち着いてきたので、大丈夫ですね。では。」

あら、いつのまにかセンセイも来てたのね!(◎_◎;)
そしてセンセイは姿も見せずにいなくなってたのでした。

センセイの下についている学生くんは、来年医師国家試験を受けるみたいです。今は臨床の勉強中らしい。
ときどき
「少しお話を聞かせてください」
と言って、病室に現れます。

病状のこと
手術ができないとなった経緯
それについてどう思っているか
子どもの頃の手術について
今この病院で検査を受けていることについて

などなど。

拙い私の話ですが、少しでもお役に立てればなーと思っています。

学生くんは、朝7:30頃から現れたりして、ビックリします。夜も遅くまでいるみたいだし。
大変な職業を目指していて、すごいな〜と思います。