読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

検査

今日は入院してから初めて昼食を食べました。
1日目と2日目は、検査のために昼食抜きだったので。

昨日の検査は…冠動脈造影CT!
右腕から造影剤を注入し、血管の状態を撮影するものです。
検査台に乗って、でっかいドーナツみたいな輪っかのなかに入っていきます。
「息を吸って」「止めてください」「ラクにしてください」というテープから流れる声に合わせて呼吸を止めます。
造影剤が入ってくると、血液の流れに乗って全身を流れるのが分かります。その部分が、かぁ〜っと熱くなるからです。
造影剤でアレルギー症状を起こす人もいるそうで、この検査には同意書が必要でした。

さて、本日の検査は…胸部MRI!
昨日のCTに似てるけど、ドーム状の土管みたいなものの中に入って心臓を撮影するものです。
名前を呼ばれて検査室に入っていくと、ノーネクタイのサラリーマン風の男性が二人。普通は、白衣を着た検査技師の人がいるものなので、違和感が…
サラリーマン風のうちの一人が、「息を止めていただくことが何回かあるんですが、毎回同じくらいの量で空気を吸ってください。検査は10分ぐらいです」と説明するので、「はいはい」と返事をして検査台に横になりました。
「胸の位置を固定するのでちょっと重しを乗せます」と言われ、胸の上に何か重しを乗せられました。
で、検査開始です。
「息を吸って」「止めてください」「ラクにしてください」
「息を吸って」「止めてください」「ラクにしてください」
何度か繰り返すうちに、「ラクにしてください」と「息を吸って」の間隔が短くなってきた〜!
ラクにして呼吸が整う前に「息を吸って」と言われてしまうんです。
だんだん苦しくなってきて、最後の方はもう口呼吸です。
しかも、重しが重い。まるで、ルーディーかフランツが乗っかっているような重さ。
それでも、だんだんまた間隔があいてきたので、助かった〜と一安心。
息を止める回数が思ったよりも多くて、これじゃあ同じ位の量の空気を吸ってって言われたって、もう気をつけてらんないよ〜と、心の中でつぶやく私。
それにしても、もう10分は経ったんじゃないのか???
「ハイ。おつかれさま〜終わりです。時間かかっちゃってごめんなさいね」
さっきのサラリーマン風の人ではなく、白衣を着たお姉さんが検査室奥からでてきました。
病室に戻って時計を見たら、30分経ってました。どうりで長く感じたわけだ。
それにしても、あのサラリーマン風の二人はなんだったんだろう?