読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リハビリ

夏に左肩を骨折し、馴染みの大学病院の整形外科に通っていましたが、骨が再生してきたらリハビリを始めなくてはいけないそうです。
そこの先生曰わく。
「うちの病院ではリハビリは出来ないので、紹介状書くから自分でリハビリやってる整形外科探して、リハビリやってね。で、1か月後にまた来て。」

仕事の帰りに寄れる時間帯でリハビリ科があるところを探し、行ってみました。ビルの2階にある小さいクリニックだけど、リハビリ室もあるし、しばらく通ってみることにしました。まず肩に赤外線のようなものを当てて肩を温めます。それから吸盤を4個肩に付けて電気を流し刺激します。
それだけです。何回通ってもそれだけ。他の患者さんも全く同じことをやっています。腕の運動とかやらないの?
疑問に思い、作業療法士らしきお兄さんに聞いてみました。
「あの〜腕の運動とかはやらないんですか〜?」
「滑車を使って運動する機械もあるけどね〜うちは小さい病院だからだいたい今やってる機械がメインなんだよね〜」
がびーん!!
そんなこととは知らなかったよ〜私がやりたかったのは腕の運動なんだよ〜!
機械を使うことしかやらないのなら、早くそう言って欲しかった。1か月無駄にしちゃったじゅないか〜(T_T)
その後、他の病院を見つけて、今はそこのリハビリに通っています。そこはちゃんとリハビリ計画書とか作ってくれて、家でのやり方のチラシをくれたりするので、家でも頑張ってリハビリしています。こんなことなら最初からこっちの病院にしておけば良かった。仕事を早退しないと通えないのですが、腕が動かなくなったら困るので、なんとか通いたいと思います。